体調良好の壁。歯のつめもの取れたー(笑←ヤケ)

スポンサーリンク

この記事は2013年4月5日に書いたものです。
情報が古い可能性があります。ご注意ください。 また、現在は状況や考え方が変わっている可能性があります。

近隣の新築工事が無事に終了。

窓や換気扇、ダクトや縁の下の隙間をマスキングテープやエアコンのパテ、養生シートでふさぐ。
土壌の防蟻処理なし、交渉による木材への防蟻処理を工場ですませ搬入してもらえたことが功を奏し、乗り越えられたよ!
実家への避難は2回で済んだしね。

気密性が高まったので結露がスゴい。何とか許容範囲。
思考力の低下やしつこい眠気、気力低下など、まだ残ってるけど、春から夏にかけての程よい気温上昇による代謝アップで良好にむかうべーふふーん!

思ってたんだけど。

3月末日。歯のつめものが取れたよ!
歯を磨いていたら、コロッと。
歯ブラシに当たって「カコッ」て手応えがあったよ!
はははははー笑っちゃうよね!翌日エイプリルフールなんだから無かったことになったら良かったのにね!

…何でこう、体調快復の邪魔ごとって逐一増えるのかね(汗)

化学物質過敏症にとって、歯の治療は難関中の難関。
健康な人の発症原因になるくらいリスクが高い。
クサイからって取り外して日に当てるとか、熱湯に浸けることもできずに、口の中というデリケートな場所に歯科材料を入れっぱなし。

大丈夫そうな歯科材料でも、ニオイと体調不良からは逃れられんですよ、治療過程によっては。

でも心構えしてビシッとしないと!

マルガリータさんのサイトの歯科治療のページ、スゴくありがたいです。プリントアウトもして読みました。頭が下がりまくりです。
また、化学物質過敏症の基礎知識をお持ちの歯科医院をとある患者さんに教えていただけました(Tさんありがとうございます!)

今、歯医者に向かってます。

発症後、歯は勿論、何らかの治療が必然な状態にならなかったし、自分がどんな状態になるか、どんな症状が出るか未知。
ゼロから化学物質過敏症を説明しなきゃならないもどかしさはないので、ちょっと気は楽です。
頑張るしかないので頑張るよ!

スポンサーリンク

この記事は2013年4月5日に書いたものです。
情報が古い可能性があります。ご注意ください。 また、現在は状況や考え方が変わっている可能性があります。

シェアする

フォローする

コメント

  1. ろーず より:

    おかえりなさ~い。ずっと待っていました。ご無事でなによりです。

  2. レスポンス遅くてごめんなさい(汗)
    とりあえず、無事生きてます。
    ただ、ご近所さんで屋根修理&ペンキ塗りラッシュ中でグダグダなのです(汗)

  3. はじめまして。私は歯科助手の仕事をしています。この仕事に就いてから、これまでの社会経験とは違った角度から物事を見つめるようになりました。それでCSについても考えるようになり、私のブログ(未経験歯科助手の仕事内容)でこちらのブログを紹介させていただきました。
    http://shikajyo.blog.fc2.com/blog-entry-33.html

  4. 初めまして。
    せっかくコメントをしていただいたのに、レスが大変遅くなってしまい、申し訳ありません。
    化学物質過敏症はジワジワ増えていると感じます。
    歯科治療が発病の切っ掛けになりうることもあるので、少しでも多くの人の目に留まり、考えるきっかけとなり、人の健康や環境に影響を与えにくい生活が送れる日が来ると良いのですが。