びっくり!化学物質過敏症が保険病名に!

スポンサーリンク

この記事は2009年6月11日に書いたものです。
情報が古い可能性があります。ご注意ください。 また、現在は状況や考え方が変わっている可能性があります。

ちょっとネットから離れている間に、朗報中の朗報が!

化学物質過敏症が保険病名に!うおーっ!!

化学物質過敏症が保険病名として、認められることになったそうですよ!
今年の10月1日からです!!


ぼやきの化学物質過敏症(ぼやきさん)
化学物質過敏症患者の日常(せいちゃんさん)

シックハウス連絡会 79号

尽力された関係者の方々、素晴らしいです。
感謝いたします。

せいちゃんさんによると、実際の保険適用にはもうちょっと時間がかかるんじゃないか、とのことです。
病気と認められても、保険の適用には時間がかかるのか…
ヘンな話ですが、ややこしい手続きなんかがあるんでしょうか。

でも、今までこの病気に悩まされ続けていた患者さんにとっては、その時間は長くないでしょうね。
本当、おめでとうございます♪

病気と認められても、まだまだマイナーな病気だということは変わりません。
今後も、周知すること、理解してもらうこと、対応してもらうことは色々難題があるでしょう。
でも、これは大きな1歩になるはずですよね。

「気のせい」「体が弱い」「精神的に弱い」なんていう、無知な暴言。
それらを一蹴してやれる時代が、見えたと思います。

しかし…

私はまだ、化学物質過敏症の予備軍なので…
そういう場合、保険適用はどうなるんでしょ???

保険が適用されるといっても、特効薬だの具体的な治療法はないですから、適用されるとすれば、やっぱり検査ですよね。

化学物質過敏症の疑いがある場合でも、保険適用?

患者と確定すれば、保険適用?

一度検査を受けたものの、発症はしていなかった場合の再検査も保険適用?

まぁ、予備軍であっても、保険適用はきっと大丈夫…
だといいなぁ。
ここら辺のことって、よく分かりませんな;

でも、保険適用されるなら、もう一度検査を受けたいですね。
自分の状態がどんなものなのか、よく分かりませんし。
予備軍なのに、反応性も体調不良も、いっちょ前ってどういうことよ~ってね。

実際、今も検査は受けたいと思っていますもん。
金銭的に難しいのが、一番のネックですよ。


大きすぎる大きな1歩だねっと思ったら、ぽちっと☆
エニッキ.com にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 人気ブログランキング

スポンサーリンク

この記事は2009年6月11日に書いたものです。
情報が古い可能性があります。ご注意ください。 また、現在は状況や考え方が変わっている可能性があります。

シェアする

フォローする

コメント

  1. せいちゃん より:

    こんにちは。
    健康保険は検査や診察、治療などを点数化して請求するようになっています。
    病名が確定しないと請求できないということではないと思います。
    ただ、いつから保険適用になるのかは病院に問い合わせないとわからないです。

    最近、北里に行かれた方からの情報では、クリーンルームの入室料(5250円)がいらなくなったので、診察代金は安くなっているそうです。
    検査を受けたいのでしたら、10月1日を待たずに行かれてもいいのではないでしょうか。

  2. >せいちゃんさん

    いつから・どの範囲で保険が適用されるか。
    ちゃんと確かめないとですね。

    ああ!クリーンルームの分、北里ではちょっと安くなったんですね。
    ウカツでした。
    でも、最初の診察から1年以上経っているので、
    神経学的検査も3種類受けなければならないでしょうし、
    何だかんだで結構かかってしまうと思います。
    情けないことに家計はキツキツなので、今はちょっと難しいですね…

  3. かびん より:

    ○病気として認められるのは、大進歩ですよね。
    ただ、病院は反応するし、薬も反応するし…。
    私は、病院に行くだけ大ダメージです…。

  4. >かびんさん

    これだけでも、精神的にちょっと楽になった方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
    でもたしかに、この恩恵は病院に行けないと受けられませんもんね…
    人が集まるところってだけでも、ダメージ受けるのに。
    そういう意味では特殊な病気ですし、院内の消毒だけでも何とかならないものなんですかねぇ。