Home » お知らせ » 化学物質過敏症の予備軍としてのブログ。タバコの害などについても法律で受動喫煙対策の義務化は必要?アンケート結果

法律で受動喫煙対策の義務化は必要?アンケート結果

2010年3月5日(09:39) タバコNO!, 化学物質を避ける

0

他人事じゃない化学物質過敏症の症状や、タバコの害などについて

嫌煙ブログではありません

嫌煙とは、喫煙者と非喫煙者に個人間でごちゃごちゃ言い争わせるためにあるような言葉です。管理人は「受動喫煙(路上喫煙含む)がなくなって欲しいというシンプルな願望をもって記事を書いています。好き嫌いの問題ではないのです。
よろしければ、喫煙問題に真剣に向かい始めた頃の「喫煙問題の諸悪の根源の企業に質問してみた」の記事やコメントをご覧下さい。

closeこの記事は 7年 8ヶ月 21日前のものです。現在とは物事の捉え方が変わっているかもしれません。予めご了承ください。 また、化学物質過敏症であるとの診断を受け、2010年5月28日に(予備軍)が取れました。

当ブログのサイドバーに設置している「防げ!受動喫煙!!」にて紹介していたので、一応ご報告を。

受動喫煙対策は絶対必要です!!

Yahoo!ニュースの意識調査(アンケート)「法律で受動喫煙対策の義務化は必要?」の投票期間が2月25日に終了しました。
「法律で受動喫煙対策の義務化は必要?」のアンケート結果

Yahoo!知恵袋でも分かるように、喫煙・受動喫煙や禁煙に関わる質問・回答者は、タバコに関する知識がなかったり、喫煙擁護だったりする人が比較的多い感じです。寄せられているコメントには、逐一ツッコミを入れたくなるようなもの(マスクしろとかイジメだとか)ばかり。

また、おそらく(と言っておきますが)、タバコ産業に関わる方の組織票もあったでしょう(就業時間帯にどさっと投票があったらしいので)。それを踏まえての過半数超えです。

喫煙擁護者やタバコ産業関係者は、もう腹をくくって、タバコの害に真摯に向き合い、想像力をフル稼働し、今後を見据えて欲しいです。早いほうがダメージが少なくて済むと思うんですがねぇ~。

因みに私が望む受動喫煙対策とは、高性能吸煙・排気機の設置、完全密室の個室、出入り口は2重で内側にはエアシャワーつきの喫煙室の設置です。喫煙室以外での喫煙は原則禁止。まぁ、色々な問題で急には無理でしょうけど、これが無意味で理不尽な害を防ぐベストだと思います。

今すぐできることは、喫煙可と明示されている室内以外は完全禁煙と、ニオイだけでも除去するために空気清浄機を設置することでしょうね。もちろん路上喫煙なんて論外です。

喫煙の広がりが止められなかったのと同じで、禁煙の流れも止められないよね~と思ったら、ぽちっと
ランキングに参加中です。1クリックお願いします

TREview にほんブログ村 絵日記カテゴリ エニッキ.com ブログランキング

法律で受動喫煙対策の義務化は必要?アンケート結果へ トラックバックする

トラックバックURL(コピペしてご利用ください)

タバコNO!,化学物質を避ける」内の投稿(20件)

ページの先頭へ