脱・テフロン

スポンサーリンク

この記事は2008年6月9日に書いたものです。
情報が古い可能性があります。ご注意ください。 また、現在は状況や考え方が変わっている可能性があります。

テフロン怖い;このときの残りの体力:7

炊飯器とフライパンを換えることにしました。
炊飯器は土鍋(ご飯鍋)に。
フライパンは昔ながらの鉄製に。

テフロン加工の怖さを実体験したので。

その日の夕飯は、牛乳を多めにしたミルクカレースープ。
これをニンジンご飯にかける。
結構うまいっす♪

しかし、3口くらい食べたところで、急に腹痛が。
相方は異常なし。
こりゃ、化学物質に反応しているな…

でも、使ってるのは無農薬野菜だし、お米も減農薬無化学肥料…
牛乳は市販のものだけど、牛乳だけ飲んでも異常なし。

試しに、カレースープとご飯を別に食べてみました。

まずはカレースープ。
うん、異常なさそう。

今度はご飯を一口もぐもぐ。
ちょっと間を置いて、腹痛が。
ご飯、おまえかっ!!

ってか、炊飯器かっ!!?

調べてみたら発ガン物質を含む化学物質が発生するとか、熱すると小鳥が死んでしまう毒を出すとか。
怖いっすね~。

…まぁ、未だに、テフロン加工を使っていた私も悪いんですが;
無知って、怖いですね。
目先の便利だけに注目してたら、体を壊すことになる。

世間的な信憑性うんぬんは別の話です。
こうして実際に、テフロン加工の炊飯器で炊いたご飯で、腹痛起こしたんですから。

まぁ、もっと前に土鍋とかは欲しかったんですけどね。
ウチは、電気コンロが一口。
しかも、電子レンジもありません。
おかずを温めたり作ろうとしたら、一品ずつ順番にするしかない。
ご飯を炊くのにもコンロを使うとしたら、時間かかってしょうがないな~と。
目先の楽を優先しちゃってました。

本当、化学物質過敏症って、「目先の便利さと楽」の結果なんですね。

一般家庭では、炊飯器もフライパンもテフロン加工が多いだろうから…それを考えると恐ろしいですね。

テフロン止めようかなと思ったら、ぽちっと
ランキングに参加中です。1クリックお願いします

TREview にほんブログ村 絵日記カテゴリ エニッキ.com ブログランキング
スポンサーリンク

この記事は2008年6月9日に書いたものです。
情報が古い可能性があります。ご注意ください。 また、現在は状況や考え方が変わっている可能性があります。

シェアする

フォローする