Home » 化学物質を避ける, 化学物質過敏症_発症後, 日頃の対策 » 化学物質過敏症の予備軍としてのブログ。タバコの害などについてもタバコと作業効率

タバコと作業効率

2008年2月26日(16:42) タバコNO!, 化学物質を避ける

0

他人事じゃない化学物質過敏症の症状や、タバコの害などについて

嫌煙ブログではありません

嫌煙とは、喫煙者と非喫煙者に個人間でごちゃごちゃ言い争わせるためにあるような言葉です。管理人は「受動喫煙(路上喫煙含む)がなくなって欲しいというシンプルな願望をもって記事を書いています。好き嫌いの問題ではないのです。
よろしければ、喫煙問題に真剣に向かい始めた頃の「喫煙問題の諸悪の根源の企業に質問してみた」の記事やコメントをご覧下さい。

closeこの記事は 9年 6ヶ月 27日前のものです。現在とは物事の捉え方が変わっているかもしれません。予めご了承ください。 また、化学物質過敏症であるとの診断を受け、2010年5月28日に(予備軍)が取れました。

タバコの害は、今では広く知られているとは思いますが、本当にタチが悪いですね。

タバコを吸うと煙に含まれる一酸化炭素が血液中のヘモグロビンと結合して、一酸化炭素を含んだ酸素不足の血液が体内を駆け巡ることになります。そのため、大脳は酸欠状態になり、作業効率が悪くなるわけです。

タバコのいろはより

喫煙者自身がきちんと把握し、周囲に気を使い、マナーを守ってくれれば何の問題もないはずなんですけどね。

紫煙のもやはツラい…このときの残りの体力:5

ポカミス連発で書きましたが、派遣社員のころ、半年ずつ環境の違う職場で働いて、作業効率が下がることは実感しました。
まぁ、私はタバコの耐性が低いこともあるんですけど。

喫煙者は、「ストレス解消になる」「頭が冴えるから作業効率は上がる」など言いますよね。
確かに、中枢神経が刺激されて精神神経の働きは良くなるそうです。
でもそれはあくまでも一時的なもの。
副流煙も主流煙も吸っているのだから、受動喫煙よりはるかに酸欠状態になってくんですから、作業効率は下がる一方ですよ。

まぁそれは自業自得だとしても、非喫煙者にまで害を与えないで欲しいものです…

…喫煙者がタバコの成分を理解してきちんと気を使ってくれれば、こんなことは切々と語ったりする必要ないんですよ。
明らかに「毒」が含まれているんですから。

…ちゃんと理解してしまうと、上記のような言い訳が自分の中で矛盾するから、理解しようとしないんですかねぇ?

いずれにせよ、「喫煙がストレス解消になっている」っていうのは、喫煙によってニコチン中毒症状が和らいでいるに過ぎませんよ。ニコチン依存症でタバコに手が出ることを「喫煙している」とは言えないです。「ニコチンに操られている」と言うのです。

あ~これ分かると思ったら、ぽちっと
ランキングに参加中です。1クリックお願いします

TREview にほんブログ村 絵日記カテゴリ エニッキ.com ブログランキング

タバコと作業効率へ トラックバックする

トラックバックURL(コピペしてご利用ください)

タバコNO!,化学物質を避ける」内の投稿(20件)

ページの先頭へ