Home » 化学物質を避ける, 化学物質過敏症_発症後, 日頃の対策 » 化学物質過敏症の予備軍としてのブログ。タバコの害などについても10代の被災者を支援しよう!作文募集

10代の被災者を支援しよう!作文募集

2011年6月26日(16:54) 東日本大震災

0

他人事じゃない化学物質過敏症の症状や、タバコの害などについて

closeこの記事は 6年 2ヶ月 29日前のものです。現在とは物事の捉え方が変わっているかもしれません。予めご了承ください。 また、化学物質過敏症であるとの診断を受け、2010年5月28日に(予備軍)が取れました。

フリーライター・エディターの今一生さんからメールをいただきました。10代の被災者の支援情報です。

以下、メールより引用です。

僕は千葉在住のフリー編集者、今一生(こんいっしょう)と申します。
震災後から「10代の被災者」向けの支援事業を始めております。

10代の被災者が「被災体験記」を書いて応募すれば、選考の上採用者1名あたりに1万円以上の謝礼を進呈する「作文事業」です。

既に全国紙の新聞に取材され、記事になっております。
http://hisaisha-voice.blogspot.com/2010/05/blog-post.html

この作文事業では、文集にまとめて産経新聞社の出版部から書籍として出版されるため、その初版印税から謝礼を配当します。

そして、この応募〆切が6月30日(木)に迫っております。

書籍は全国発売されますので、被災地の大変さを全国に伝え、新たな支援を取り付けるチャンスを作れるため、地元へ貢献できます。

また、進学や就職の面接時にアピールできる好材料にもなるでしょう。

そこで、お願いがあります。
ぜひ、10代のみなさんに、この事業についてお知らせいただけないでしょうか?
http://goo.gl/iLbOC

下記リンクに広報用PDFがあります。
http://www.createmedia.co.jp/img/sakubun-koubo2.pdf

なるだけ多くの生徒の作文を掲載したいと考えておりますので、ぜひ生徒の皆さんにチャンスを提供していただけないでしょうか?
ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。

フリーライター・エディターの今一生さんからのメールより/今一生さんのブログ記事

以上、メールより引用でした。

今回の震災・原発事故は、長期の支援体制が求められます。こういった支援方法は風化防止のためにもとても有効だと思います。

また、今一生さんは被災者を講演に招待し、その講演料を支援するという呼びかけもされています。
被災者の声を聞こう! ~あなたの街で講演を。

みなさん、広い呼びかけとご協力をお願いします。

10代の被災者を支援しよう!作文募集へ トラックバックする

トラックバックURL(コピペしてご利用ください)

東日本大震災」内の投稿(20件)

ページの先頭へ