2011-04-11 Twitter

スポンサーリンク

この記事は2011年4月11日に書いたものです。
情報が古い可能性があります。ご注意ください。

また、現在は状況や考え方が変わっている可能性があります。

特にタバコに関しての考え方については変わっています。「喫煙者非喫煙者に関わらず、タバコの害から逃れてほしい」がベストです。
詳細はタバコハザード対策協会にて。皮肉も交えていますが、タバコが有害と言う現実から目をそむけませんよう。

  • どうもです(^-^)パンフ…パッと思いつくのは化学物質過敏症支援センターですね。後は宮田幹夫先生が書いた本とか。家族の理解が得られないと、辛いですよね @Mina_destrose #
  • 化学物質過敏症の診断は受けましたか?ご家族同伴で、先生に説明してもらったことがある患者さんもいるそうです。先ほどの宮田先生だと、分かりやすく説明してくださると思いますよ @Mina_destrose #
  • 14:46 黙祷 #
  • 【被災地の化学物質過敏症へ】大丈夫ですか?心細くないですか?役立ちそうな情報もあるし http://t.co/nErlI9k 、話し相手にもなれます。早くネット環境が回復しますように #csjishin #
  • 余震のせいか少々気持ち悪い。今日は相方が休みで、もう帰宅してて良かった #
  • それなら、さっき言った宮田先生が良いですよ。そよ風クリニックか北里研究所病院で診察が受けられます。私は諸事情あって、そよ風の方に行きました。理解してもらえると良いですね @Mina_destrose #
  • 因みに、そよ風は予約が必要です。北里の方は、私が調べた時と今ではクリーンルームがなくなるなどしてシステムが変わったそうです。どちらも利点はありますから、良く検討してみてくださいね。頑張って! @Mina_destrose #
スポンサーリンク

この記事は2011年4月11日に書いたものです。
情報が古い可能性があります。ご注意ください。 また、現在は状況や考え方が変わっている可能性があります。

シェアする

フォローする