Home » お知らせ » 化学物質過敏症の予備軍としてのブログ。タバコの害などについても「農薬」だの「不要な添加物」だの「タバコ」だのに弱くても、オイシイもの食べたい!

「農薬」だの「不要な添加物」だの「タバコ」だのに弱くても、オイシイもの食べたい!

2017年10月29日(17:13) オイシイ話をしよう!

0

他人事じゃない化学物質過敏症の症状や、タバコの害などについて

皆さん、オイシイ食事してますか?


ご・は・ん!!

医食同源、これは本当です。持病持ちで体調を安定させるのに気を遣っている方には良く実感できることですよね。

かく言う私も、そよ風クリニックで宮田先生にアドバイスをいただいてから、食事にも可能な範囲で気を遣ってきました。

http://air.jetfanbook.com/measure/

そのおかげで、ジワジワですが、まずは個人事業として活動しよう!とまで回復しました。

http://air.jetfanbook.com/2017/10/24/affir-line/

当然、今までと違い、家事と活動の時間配分をうまく調節する必要があるんですよね。
そして、外出の機会も増えます。

必然的に持ち上がる「ゴハンの用意どーすんのさ?」問題

野菜てんこ盛りのカレーを用意しておけば、数日間体調がグダグダしても何とかなるんですけどね。普通に発芽玄米カレー、豆腐カレーグラタン、カレーうどん、カレースープなどカレーは飽きない。

でもね~。
いくらカレーが好きでもね~。
何日も、何週間もカレー…
部屋も体もカレー臭(笑)

それに。
化学物質過敏症対策のために自炊99%(自社比)の毎日。

たまには「自分や夫以外の人に食事を用意してもらって、片付けの必要もなし!」な日があっても良いじゃな~~~い!

と言うわけで。
「農薬」だの「不要な添加物」だの「タバコ」だのが駄目でも、食べられる内食や外食を探します。

そしてついでに、「普通の家庭では当たり前だけど、化学物質過敏症だと材料揃えるの大変。でもオイシイし手軽」な出来合い物や、カンタンに作れるてぬk…いや、時短な食事や安全性に気を付けた食事も紹介していきたいと思います。

化学物質過敏症がわざわざ「食べられる内食・外食を探さなきゃならない理由」

化学物質過敏症は個人差が大きいです。幅広です。
自由に外食できる方。
特定のお店なら外食できる方。
必ずお弁当を持ち込まないとならない方。
そもそもお店に入ることすら困難な方。

私は特定のお店なら食べられるけど、それ以外は必ずお弁当持ち込みしてました。もしかしたら食べられるお店はあるかもしれないけど、もしダメージを食らったら、(当たり前だけど)痛かったりきつかったり、回復するのに時間がかかったりするので。

でも、お弁当持ち込みって、それはそれで面倒臭いんですよね~。

わざわざ自分のためにお弁当作るのも。
小さくないお弁当を持ち歩くのも。
夏は食中毒怖いし気を遣うのも。
外出先でも野菜をしっかり食べたいと思うと、弁当箱かさばるのも。
連れがいる場合は、店員さんに「面倒臭いアレルギーみたいな持病があるので~」から説明して持ち込み許可もらうのも。

ああ~~~~~!面倒臭い(笑)

http://air.jetfanbook.com/2017/10/24/affir-line/

先日の「「アファ名刺屋」始めました。そしてLINEスタンプ販売します」でお知らせした通り、事業始めるなら、当然、外出の機会も増えるんですよね。人脈の幅が広がっていくことになりますから。

当然、お弁当持ち込みの面倒臭さが増えるわけですよ!!!

面倒臭い(笑)

面倒臭い上に、荷物がデカくなるんですよ!

そして、他の荷物も重いんですよ!

酸素ボンベとか水とか弁当とか…かさばって大きいし重い荷物!

ってなわけで、外食できるお店探しを始めたわけです。

約4年前に「オーガニック系の外食店」で調べたら「喫煙自由。受動喫煙対策は換気扇ダヨ!」というお店にかち合ったことがあります。
体に気を遣わせたいのか使わせたくないのか…ターゲット層の見極めがユルユルですね

今もそんな時代遅れなお店が少なくないようですし、「隣の化粧品店?の特濃なニオイで入店不可!と言ったパターンもあるので、探すのは時間がかかりそうです。

でもまぁ、それはそれで「見つかった時の至福感」のスパイスにしちゃいますわ。

ジワジワ広げていきますよ(*’▽’)

「食べられる」の判断基準

  • 完全禁煙店
  • 店内にニオイが流れ込むような場所に喫煙場所がない店
  • オイシイ!
  • 不要な添加物を使わないようにしている
  • (できれば)農薬や化学肥料を使っていない、あるいは極力使わないようにしている
  • 食事に影響が出るような強いニオイや濃い成分を発生させる場所がない
  • 食後1日以内に、体調に影響が出ない。あるいは出てもごく軽い

実は、ちょこちょこ出来合い物や内食は試しているんですよ~。

オイシく食べて体調もヨシ。
オイシく食べた後に腹痛。
これイマイチ…とモヤモヤしながら食べて体調はヨシ。
普通だな~と思いながら食べて微妙な気持ち悪さ。
まぁまぁじゃな~いと思いながら食べて体調はヨシ。

反応は色々です。

そして、試す前の下調べは最低限(完全禁煙か、添加物や農薬の使用状況はどんな具合か)にしてます。
先入観を最低限にして、本当の「体調への影響」を確認したいので。

その中から、「これオイシイ!そして体調にも影響なし!あるいは気にしないでも良いレベル!」なお店や食事を紹介していきます。

私のように、タバコを避けつつ安全性の高い食事がしたい人のお役に立てたら嬉しいですね。

探し出すの、結構大変なんですよね。
テラス喫煙OKだったり、店頭に灰皿置いてたり。
お店とは関係なく、空気の流れでタバコのニオイが流れ込んでくる場所に喫煙所があったり

しかも、意外にあるようなんですよね~。香水をぶちまけたようなニオイを発生するお店の隣に飲食店、とか。

お店の方や、ビル管理人さんに言いたい。
「あなたは、デパートの化粧品売り場で脚に食事をさせたいんですか?」と。

同じですからね。
たった1店舗であっても、濃い人工香料臭を発生させているお店の近くに飲食店って。

化学物質過敏症じゃなくてもウンザリしている方もいますよ、そういうお店に(´-ω-`)

「ニオイ」に関しては「好き嫌い」で片付けられがちですけど…ニオイとしてしか知覚できないレベルの成分の量なのに具合悪くなるレベルなのが問題なのであって、そんな環境でガマンして食事したくない人も、きっと少なくないと思いますよ~。

「農薬」だの「不要な添加物」だの「タバコ」だのに弱くても、オイシイもの食べたい!へ トラックバックする

トラックバックURL(コピペしてご利用ください)

「「農薬」だの「不要な添加物」だの「タバコ」だのに弱くても、オイシイもの食べたい!」へコメントを残す


※E-mailアドレスはページに表示されません
コメント送信

CAPTCHA


オイシイ話をしよう!」内の投稿(20件)

ページの先頭へ