Home » 化学物質を避ける, 化学物質過敏症_発症後, 日頃の対策 » 化学物質過敏症の予備軍としてのブログ。タバコの害などについても2011-08-12 Twitter

2011-08-12 Twitter

2011年8月12日(23:55) 今日のつぶやき

0

他人事じゃない化学物質過敏症の症状や、タバコの害などについて

closeこの記事は 6年1ヶ月 10日前のものです。現在とは物事の捉え方が変わっているかもしれません。予めご了承ください。 また、化学物質過敏症であるとの診断を受け、2010年5月28日に(予備軍)が取れました。
  • 10:41私、典型的なMCSですよ~。2008年頃から職場の受動喫煙が引き金となって体調がグズグズになり出しました。私の場合、痛いとか出血とかの症状もあるんですが、思考力の低下とか疲労感・倦怠感、体が鉛のように重くなったりとかなど、ぼやっとした症状が多目です @kimicoz #
  • 10:43元喫煙者の話では、ニコチン依存症の状態だと、タバコに関しては正常な判断力が働かなくなるそうですよ。なので、話がかみ合わなかったり聞く耳も持てない @kimicoz #
  • 10:45フォローもトラブルに首を突っ込むことと同じですから、なかなか声も出なかったりするんでしょうけど、駅なら駅員さんを呼ぶとか、店なら店員さんを呼ぶとかくらいはできそうですよねぇ @one_one_nine @suenaics @kimicoz @p_baseball #
  • 10:48突然ぶっ倒れた人の側で何もせずにいられる方が根性太い気がしますが、人の心理は不思議ですねぇ @kimicoz #

2011-08-12 Twitterへ トラックバックする

トラックバックURL(コピペしてご利用ください)

今日のつぶやき」内の投稿(20件)

ページの先頭へ