Home » 化学物質を避ける, 化学物質過敏症_発症後, 日頃の対策 » 化学物質過敏症の予備軍としてのブログ。タバコの害などについても洗剤の今後…香料にどう対処すべきなのか…

洗剤の今後…香料にどう対処すべきなのか…

2010年3月11日(14:02) メーカー、お店に聞いてみたよ, 化学物質を避ける

14

他人事じゃない化学物質過敏症の症状や、タバコの害などについて

closeこの記事は 7年 6ヶ月 13日前のものです。現在とは物事の捉え方が変わっているかもしれません。予めご了承ください。 また、化学物質過敏症であるとの診断を受け、2010年5月28日に(予備軍)が取れました。

とある合成洗剤などを製造・販売している大手メーカーの方とお話する機会が得られました。いや~、みんな、思い切って一言発してみるものですよ。

化学物質過敏症でも使用できるような洗剤とか、香料入れないでとかいうお願いではなく、おそらくニオイに敏感な人なら誰もが思う、純粋な疑問です。

なぜ、洗剤に香料を入れるの?

クレーム対応のお手本姿勢

疑問ですよね?ニオイに敏感だったり、人工香料の「本当」を知っている側からしてみれば「何で~?何で~?!」と思うはずです。

ちょっと不躾な感じだったのですが、ふと目に留まった問い合わせしやすい場があったので(すみません、ちょっとボカしてます)、軽い気持ちで聞いてみたのです。

法的に問題がないものとは言え、アレルギーを起こす可能性がある人工香料を洗濯洗剤に入れなければならない理由は何でしょうか?」と。
…不躾でしょ?でも、純粋な疑問です。

なのに、どのような状況で問い合わせをしたのかの確認を電話でお話させてくれないか?と、このブログから丁寧なメールをいただきました。いや、びっくり。てっきりスルーされると思っていたので。

大手企業がクレームに対して取るべきお手本の様な姿勢です。

もしかしたら自社製品で体調不良になったとか、そういったクレームだと思ったのかな?と、こちらが心配になってしまいましたよ。

人工香料を入れる理由

お客様センターの担当の方から電話があり、色々とお話を聞かせていただきました。想定内だよ、とツッコミをもらいそうですが、人工香料を入れる理由は以下の通りです。

  • 原材料のニオイを分からなくするため
  • 洗濯物の「清涼感」のため
  • 製品開発の際に消費者から求められるため
  • 生産性と利益を考えると「人工香料」にならざるを得ない

つまり全ては、「多くの消費者が求めているため、人工香料を入れざるを得ない」と言うことですね。

消費者が求める「合成洗剤」、今後

ここまでは想像が付いている方も多いかと思います。

んが、ビックリするようなお話もしていただきました。知ると「今後の化学物質過敏症患者の生活はどうなるのっ?!」と暗くなるかも知れないので、お覚悟を。知って、ショックを受けても私は責任取れませんよ。

こほん。

覚悟はありますか?

目の前真っ暗になるかもしれませんよ?

大袈裟ですが、知らぬが仏ってことも…

本当に読みますか?

責任持ちませんからね?

これだけ下に押し込んでいるからには、本当に知ったらうんざりすることですからね?

では。

書きますよ?

次の空白の後に書いてありますから、読みたくないならここでストップですよ?
後悔したくなかったらウィンドウ閉じてくださいね?

お客様センターの担当の方によると、製品開発段階で「もっと濃いニオイをつけてっ」という消費者が増えているそうです

開発者側が「こんなに?!マジで?!明らかに強すぎるよね…?」と心配になるくらい「濃いニオイ」をご所望する消費者もいるそうです。

つまり今後、輸入の柔軟材「ダ○ニー」のように濃いニオイの合成洗剤が増える可能性があるのです。

うぎょ~…

私は「よし、今後の対策はもっと万全にしなければ」と、とっさに思えましたが、「…これ以上、何すれば対策になりえるんだろう?」と疑問符浮かびまくりです…

うんざりしたでしょ?化学物質が溢れている日常の中で、ニオイに鈍感な嗅覚障害を起こしている人が増えているとしか、私には思えません。

でも、何も不安にさせたいがために、この記事書いているんじゃありません。

自己防衛のために対策はもちろん、実体験として危機感を覚えている以上、行動しなければならないときでもあると思いませんか?

「化学物質過敏症はまだまだマイナーで、どうせ言っても何も変わらない。かえって精神的ダメージも受けるから、だったら我慢する」と我慢しちゃってませんか?

体調不良でキツい人が多い中、世の中の人を動かせるような行動って言っても、何があるのか、何ができるかは、私には分かりません。人の上に立つような器じゃないので。

そして、何をしたからといって、劇的な変化なんてないでしょう。

それでも。
今は自分の生業を何とかしようと模索中・準備中でそちらを重点的に行動しなければならないんですが、その間にもできることはあります。

とにかく「声を上げること」です。

ネットを通してでもいい、「冷静で」「相手の環境や気持ちを考えつつ」「自分の純粋で真剣な」言葉、お願いだったり情報だったりの「声を上げること」です。だって、タバコの害だって人工香料の怖さだって、知らない人が多いんだから伝えなきゃ、もったいないです。

疑問に思ったことをまず「伝えること」、してみませんか?

簡単に「伝えること」ができる場所

個人同士だとトラブルになりやすいので、メーカーやお店、自治体や行政などに問い合わせしてみて損はないと思います。今回の大手メーカーのように、今すぐ解決は難しくても丁寧に対応してくださる場合が多いです。

恐る恐る、こそこそと問い合わせ投稿…

題して、「化学物質過敏症からの勝手にDM作戦」っ。

もちろん、スルーされたり判で押されたような回答しかしないメーカーもいますが。それでも「消費者の声に背を向けるメーカーなのだ」ということが分かります。

それ以外だと、「伝えること」っていっても、なかなか難しいですよね。ブログは記事を書くのが面倒になったりします。

Yahoo!知恵袋などの質問に答えるのも簡単で良いかも知れません。

後は、ゆるいつながりで気軽に、誰とでもコミュニケーションできるTwitter(ついったー)がおススメです。
Twitter(ついったー)は誰とでも気軽にコミュニケーションできます

どちらも「簡単にできて止めやすい」ことが利点でしょうか。Twitterはフォロワーが増えると止めづらい感じになるかも知れませんが、ブログほど束縛感はありません。体調不良が毎日の化学物質過敏症や電磁波過敏症なら、ボソッと一言つぶやいておしま~いってこともできます。

一緒にTwitter(ついったー)してみませんか?

結局フォローして欲しいんか~いと思ったら、ぽちっと
ランキングに参加中です。1クリックお願いします

TREview にほんブログ村 絵日記カテゴリ エニッキ.com ブログランキング

洗剤の今後…香料にどう対処すべきなのか…へ トラックバックする

トラックバックURL(コピペしてご利用ください)

「洗剤の今後…香料にどう対処すべきなのか…」へのコメント(14)

コメントありがとうございましたm(_ _)m


  1. せいちゃん

    comment2010 年 3 月 12 日(3:29 PM)

    こんにちは。(某掲示板でもお会いしましたね)

    古くから香料や香水は匂い消しのために使われてきた歴史がありますので、さもありなんという感じですね。(中世のヨーロッパでは風呂に入る習慣がなかったので体臭がすごかったらしい)
    強いにおいを希望する人というのは、身近かに気になる匂いがあってそれをごまかしたいのかもしれません。

    最近のCMを見ていても、いいにおいが残ることを売りにするのがトレンドになりつつあるようで、CS患者にとっては困った状況だと思います。


  2. キャサリン

    comment2010 年 3 月 13 日(1:02 AM)

    はじめまして。私もCS発症者(確定検査済)です。
    以前からロムっていました!

    貴緑さんが「本当にいいですか?」と何度も確認してくださったおかげで、覚悟して記事を読めましたよ!結果はやっぱりそうだったかと思いました。ホントーに増えていますねダ○ニー使っている人。あれはCSでない人でも具合悪くなるみたいですよ。ダ○ニー使用禁止の会社もあるみたいですしね。
    あのニオイがいいと思う人は鼻壊れてますね。。。


  3. 貴緑(きみどり)

    comment2010 年 3 月 14 日(6:56 AM)

    >せいちゃんさん
    えへへ。いつもお世話になってますm(_ _)m

    本来の使われ方と違う、誤った使い方ですよね; 空気は共有するものという意識もないようです。ああ、恐ろしや。
    タバコは明らかに害があるので主張しやすいですが、合成洗剤や香水は害があると言う認識がほぼないと言って良い現状が多いので、そういう意味ではタバコ同様厄介な問題ですね。(最近は自治体で香水の自粛は呼びかけられているところもあるようですが、どのように捉えられていることやら…)


  4. 貴緑(きみどり)

    comment2010 年 3 月 14 日(7:00 AM)

    >キャサリンさん
    いつもご訪問&初コメントありがとうございます。嬉しいです~(*^ ^*)

    ダ○ニーは困り者ですよね。ウチのマンションの上下左右、どこかの部屋で使っているのも多分コレです。窓を閉め切っているにも関わらず、この時期にかなり濃いニオイが侵入してきてるので。…ちょっと参ってます;

    確かにあれは嗅覚が相当鈍感でないと「良いニオイ。ウフ」とはならないでしょうね。人工香料などの化学物質に埋もれているせいでしょうか、やはり。でも、禁止している会社もあるとは…実態調査が必要じゃないかなぁと思いつつ、外国メーカーだし、どこに陳情したら良いものか…


  5. あのん

    comment2010 年 3 月 29 日(1:13 AM)

    ご無沙汰しています
    食い入るように読んでしまいました、
    体調の悪い毎日の中ありがとうございます。

    これ以上強い臭いになったら どうしろって言うの~
    普通の柔軟剤でも苦しいのに!!!

    でもでも、諦めませんよ~
    私も 最近健常者さんにご協力を求めています
    健康な人が言うことなら聴く耳を持つという人も多いので、
    発症者の意見は聴いてくれない人が多いですから・・・
    めげずに~でも無理はしないでやっていきます!
    ありがとうございます


  6. 貴緑(きみどり)

    comment2010 年 3 月 31 日(9:12 AM)

    >あのんさん
    うはぁ~、レスポンス遅くなってごめんなさい(汗)
    イヤ本当にね; これ以上っ!?てね;;;

    でも、そう。あのんさんの仰るように諦めちゃならんのですよっ。
    メーカー側は「消費者のニーズに合わせる」のだから、「化学物質の危険性に気が付く消費者」が増えれば、すぐにはムリでも徐々にその傾向になるかも知れません。
    あのんさんのブログ、ちょいちょい覗かせてもらってますよ。あのんさんもやりますね(ニヤリ)

    方法は違うけど、私もブログと合わせてTwitterで日常の症状とか合成洗剤のこととか、特に喫煙問題、無煙タバコのことについてつぶやいてます。
    少しですが「ファ○リーズって安全性心配なんだ」「受動喫煙ってそんなに害があるんだね」と分かってくれる人がいます。

    「知ってもらうこと」って大事ですよね。
    そして「化学物質の危険性」について毎日実感してる我々だからこその視点と感性の活かしどころ。地道な活動ですがじわじわ広めちゃいましょう(^ ^)


  7. run

    comment2010 年 5 月 21 日(12:51 PM)

    こんにちはrunです((。´・ω・)。´_ _))ペコ

    そうなんですよね・・柔軟仕上げ剤は私にとっても
    シンナー・香水と共に3大強敵なんですね^^;
    特に香水には苦労しました。+.。゚:;。+゚(ノд・。)゚+。::゚。:.゚。+。

    以前の職場である日急に担当が変わったんですが・・・日系ブラジル人のリーダーの役目・・・
    どえらい事になりました・・香水・香水・香水の洪水・・・
    正にガス室にしまわれちゃった状態(;゚;艸;゚;)ぅ゛…

    「これじゃ死ぬ」と思った私は何とか一日乗り切り仕事帰りにホームセンターへ立ち寄って「防毒マスク」を購入

    マスクとフィルターにもニオイはあるのですが幸い私は平気だったので次の日から使いました
    効果はバツグンです あらゆるニオイがまったくしません
    大嫌いな台所洗剤ジ〇イをマスクの1センチ前でフタを開け思いっきり吸い込んでも・・・何のニオイもしませんでした

    このマスクのおかげで5年間仕事を続けられました
    理解者の少なかった私には一番の味方となったのです
    さすがに6年目には力尽きましたが(。´・ω・`。)ショボーン

    しかし自己防衛のアイテムとしては現在最強ではないかと思いますなのであちこちで紹介しています

    ニオイがあるので体質に合わない方も居るでしょうが・・もし使えるのなら・・一人でも助かるなら・・の思いでコメさせてもらいました((。´・ω・)。´_ _))ペコ

    でも色々と問題もあるんですよ (^^;)
    見た目がスゴイので変な目で見られます
    かなり呼吸がしにくいです 私は喘息時は使えませんでした
    フィルターに使われている吸着剤の安全性は・・よくわかりません
    しかし吸着剤がすべて揮発しても性能が高いので至近距離でもない限りニオイは相当カットしてくれます
    つまりフィルターの薬を洗い流して乾燥させれば普通に生活範囲が広がると思います
    一応ですがメカニズムのよく判らない奇病なのでマスクを使用する方は「自己責任」にてお願いします((。´・ω・)。´_ _))ペコ
    それではまた((。´・ω・)。´_ _))ペコ


  8. 貴緑(きみどり)

    comment2010 年 5 月 21 日(3:29 PM)

    >runさん
    ありえないですよね、人工香料;

    私も香水のキツい女性上司の元で働いてたことがありますが、外国人はそれ以上でしょうね、体臭を気にしてのことだろうから…

    runさんは防毒マスクの先輩ですね。外出時にはお守りのように持ち歩いてます。いつ、受動喫煙に長時間曝されるか分かりませんから。runさんの言葉を読んで、やっぱり買っておいて正解だったと思います。合成洗剤のニオイでも至近距離OKまでとはっ!

    幸いなことに、まだデビューしないで済んでますが、無煙タバコが今後どうなっていくかで、防毒マスクデビューの時期も左右されます…


  9. run

    comment2010 年 5 月 21 日(3:48 PM)

    レス有難う御座いますrunです((。´・ω・)。´_ _))ペコ
    覗いてみたらレスがあったので読みました
    そうですか~防毒マスク持っていましたか~(^^)
    吸着剤がある内はシンナーすら至近距離でも臭いません

    貴緑さんが持ってるという事はやはり効果アリなんですね
    あちこちのブログに防毒マスクの紹介をしてきたのは間違いではなかったと感じました(。・・。)(。..。)ウン
    では失礼します((。´・ω・)。´_ _))ペコ


  10. 貴緑(きみどり)

    comment2010 年 5 月 23 日(9:50 AM)

    >runさん
    防「毒」マスクですからね(笑) 受動喫煙についても、キーメイトマスクよりは効果ありだと思います。
    デビュー、いつになるだろう…


  11. run

    comment2010 年 5 月 23 日(11:47 AM)

    どもrunです((。´・ω・)。´_ _))ペコ
    う~ん・・・マスクデビューなんて来ない事を祈りますわ~
    貴緑(きみどり)さんのお美しい(と思われる)お顔があの無骨なマスクで覆われたら可愛そうです(^_^:)

    周りからの好奇な目はトラウマとなりうつ病の原因にもなってますからねぇ・・・命には換えられませんが・・・
    そうならないことを祈りつつではまた((。´・ω・)。´_ _))ペコ


  12. run

    comment2010 年 5 月 24 日(11:32 AM)

    どうもrunです((。´・ω・)。´_ _))ペコ
    自己防衛のマスクですがこんな方法もあります。
    適度に通気性のあるポーチ等の入れ物に活性炭と電池式水槽用ポンプを入れてチューブを出してポーチのファスナーを閉める
    チューブを活性炭(普通のでもいいです)マスクに差し入れ空気を送る

    以上です。言わば簡易式酸素マスクですね

    実は仕事場で香水のニオイがしてるのに会社から「防毒マスクNG」といわれ困った末作りました
    ・なるべくキレイな空気をマスク内に入れて吸う
    ・マスク内の気圧を上げて呼吸を楽にする
    以上の効果があります。実際どの位ニオイを防げたかと言うと
    私の・・・あくまでも私の体感では80%以上カットってトコです
    ちなみに普通のマスクを使用(クリーンルームだったので活性炭マスクは使用禁止)しました

    あまり見た目が悪くないんですがポンプがうるさいです(^^;)
    ではまた((。´・ω・)。´_ _))ペコ


  13. 貴緑(きみどり)

    comment2010 年 5 月 24 日(6:12 PM)

    >runさん
    顔…今まで年齢当てでは、年下に見られる率は9割ですが、造形自体はどうでしょうね(笑)
    見た目よりも体調ですから防毒マスクも気にしませんが、重くて首や肩が凝りそうです。できたらデビューしないでいたいですね。


  14. 貴緑(きみどり)

    comment2010 年 5 月 24 日(6:31 PM)

    >runさん
    成る程、自作の空気確保タイプの防毒マスクですね。スゴい工夫です!キーメイトなら9割以上いけるんじゃないでしょうか。

    防毒マスク禁止よりも香水禁止の方が手っ取り早いのに…人の理解を得るのって難しいと言うか雲を掴むようと言うかのれんに腕押しと言うか…
    ポンプ音が良くても、クリーンルームだから活性炭フィルタのマスクが禁止?何だか本末転倒な会社ですね(汗)

メーカー、お店に聞いてみたよ,化学物質を避ける」内の投稿(20件)

ページの先頭へ